コットン

tieでは、オーガニックコットンを使用した洋服作りをしています

ところで、なぜオーガンニックコットンを使用してるのか、どんなところが好きなのか、、

オーガニックコットンを選択するとゆうことに 
どんな意味があるのか少しでも知ってもらえたらと思います

 

オーガニック・コットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のことです

 

農薬や化学肥料を使わないため、土や水、空気を汚しません

雑草は人の手による除草作業で取り除き
害虫は天敵昆虫を使う、害虫が嫌う植物のエキスを撒く 
などして駆除します
肥料は、野菜のくず、家畜のふん、などを 
土と混ぜた堆肥(有機肥料)を作り使用

収穫も枯葉剤が必要となる機械ではなく
人の手で1つ1つ摘んでいます
と、地球環境に負担がないように栽培されています
オーガニックコットンのいいところを考える時 
「肌、身体にやさしい」「環境にやさしい」ことが 
挙げられると思います

でも、それだけでなく

「作り手にやさしい」

素材でもあります

わたしはここに、とても魅力を感じます
何だって、物を作るということは
本当に時間と労力がかかります

 

これまで、その時間、労力を短縮し、コットンを効率的に栽培するため、
また農薬・化学肥料の利益目的のために農薬を使用する綿花栽培が主流でした
農家の人々は借金をしてまで、農薬を仕入れなければならなく、
その農薬の影響で病気になる人がたくさん出てきました

 

そこで、農薬・化学肥料を使わない有機栽培が提唱されました
有機農業は農薬・肥料を仕入れなくてもよい=借金をしなくてよいということです
堆肥(有機肥料)作りや、除草作業、害虫対策に手作業での収穫は、決して楽な仕事ではありませんが、農家の人々は借金を背負わず、健康にはたらくことができます

オーガニックコットンは、使い手の私たちだけでなく
地球環境や農家の人々の健康や暮らしにもやさしい素材です

 

一般の生地に比べればどうしても値が張ってしまいます
それでも、ひとつひとつの手間や自然の恵みをそのまま受けて育ったコットンを選択していく意義は大いにあると思うのです

Leave a Reply

hide totop